スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく書く気になったので

たまには交易の話など

巨商伝の基本システムは「交易」ですが、実際は戦闘のドロップ品を売ったほうが儲かる…ってイメージ。
でも交易でもこんなに儲かるんだ!ということで。

交易の基本は「安いところでたくさん買って高いところで売る」こと。当然なのですがwww
で、ここで大事なのは、巨商伝では「1キャラあたりの持てる重量(単位:斤)が決まっている」こと。
なので、単純に品物の値段の差額だけで考えると、効率が悪くなるってことで・w・
具体的な計算式は

(A村の買い取り価格-B村の販売価格)÷重量(斤)

となる訳です。
具体的な例を出してみると…
(以下はあくまで例です。実際は江戸や日光に武器は売っていませんし、価格も仮想の価格です)

江戸で
・短刀(販売価格7,000両 重量15斤)
・七聖剣(販売価格190,000両 重量35斤)

のどちらかを買い、

日光で
・短刀(買い取り価格15,000両)
・七聖剣(買い取り価格205,000両)

を売るとすると、単純に考えて1個当たり、
・短刀:8,000両
・七聖剣:15,000両
となり、一見すると七聖剣のほうが多くなりますが、重量が軽いほうが多く持てるため、これを斤数で割ると…

・短刀:533.3両
・七聖剣:428.6両


となるため、一斤あたりの儲けは短刀の方が多くなります。当然、短刀の方が量を持つことができるので、効率が良いというわけですな・w・

地図を見ると、意外にも同じ品物を売る村が近所にあることが多々ありますので、自分で歩いてみて最適な交易ルートを詮索してみてください。
短時間で行き来できる方が、効率も良いですしね・w・b


ご存知だとは思いますが、品物の上で「Ctrlキー」を押してクリックすると、その品物の他村価格がわかります。
上手に活用して楽しい巨商ライフを・w・b
スポンサーサイト
プロフィール

中佐・ドラッツェ・いなえ

Author:中佐・ドラッツェ・いなえ
鉄道は東海地区中心かな?
よろしくお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。